包茎手術

包茎手術のことはオレに聞け!したことないけど・・・

包茎手術とは、包茎の男性の陰茎の包皮を切除または切開し、亀頭を露出させる手術のことです。

 

男性器の先端部である亀頭部は、平常時に陰茎包皮より露出してるかどうかは人それぞれですが、勃起時においても露出しない場合は、包茎と呼ばれる1種の症状として扱われ、衛生上問題がある場合や、痛みにより性行為ができない場合には手術が必要となります。

 

また、平常時は包皮に隠れていても、勃起時に問題なく亀頭が露出する場合は仮性包茎と呼び、この場合は手術の必要性がほとんどなく、審美的な問題やその他の問題で手術する場合は、治療ではなく美容整形となります。

 

しかし、仮性包茎であっても、あまりに包皮が多く余っていると、勃起時にも亀頭が露出せず、性行為に支障をきたしたり、陰毛の巻き込みなどの問題がある場合には、手術が適用されることもあります。

 

 

 

包茎手術は、大きく分けて、背面切開術と環状切開術の2種類に分けられていて、軽度のものには背面切開術、重度のものには環状切開術が適用されることが多いです。

 

また、よく勘違いされますが、包茎手術の定義は、平常時に包皮が被らなくする手術ではなく、勃起時に合わせて余剰包皮を切除し、その結果として平常時にも包皮が被らなくなるというものです。


 

■包茎手術に関するオススメサイト
包茎治療、包茎手術|安心・安全、低価格な優良クリニック特集
http://xn--uir411dcxgmkn.cc/

男性にとって、下半身の悩みは気になるけど他人には言いにくいナイーブな問題です。特に、包茎の人にとっては、治療すべきかそのままでいいのか迷う所です。包茎手術をするにしても、手術をする部位が部位なので、万が一失敗したらどうしようとか心配は尽きません。包茎にもいくつか種類があり、真性包茎の人もいれば、仮性包茎やカントン包茎の人もいます。日本人でもっとも多いのが仮性包茎で、全体の半分以上の包茎の人は、これにあたると言われています。基本的には、このタイプの人は積極的に包茎手術をする必要はありません。問題は、真性包茎やカントン包茎の男性です。包茎というのは基本的に衛生面と見た目の問題なので、例えばガンのように即座に治療しなければ生死に関わる問題ではありませんが、衛生面の問題は重要です。気になる場合は、医師に相談して指示を仰ぐべきです。普通の病院で聞くのもよいですが、包茎は専門の病院があるので、そちらに行った方が、病院も慣れていて男性のスタッフも多いので、気兼ねなく包茎のことを聞くことができます。包茎手術までする必要があるかは人により違いますが、素人判断が難しい部位なので、専門の医師の判断に任せるべきです。包茎手術には上野クリニックのようなクリニックと泌尿器科の2種類の医師がいますので、この辺りも意識して、両方の意見を聞いてみるのもいいでしょう。大抵の場合、カウンセリングは無料なので受けない選択肢はないでしょう。